Blog

ブログ「大慶堂通信」

ガンをはねのけ生き抜く力ーこんな食事があなたを治す

大慶堂漢方薬局の杉田です。いつもご覧いただきましてありがとう

 

ございます。10月3日の続きです。

 

NPO法人ガンの患者学研究所の川竹文夫氏のお話は続きます。

治った人の8割が玄米菜食

 

私はガンになって以来、玄米菜食を続けています。美味しくて、

 

健康になれて、こんな幸せはありません。

 

今心の中で〝玄米か″と思った方々・・・・玄米に対して偏見が

 

ありますね。でも最初はそうだと思います。

 

ただ、治った人124人のうち約8割は玄米菜食をしていました。

 

アメリカの対ガン協会は、数年前、『ガンになってからの食事療

 

法』というレポートの中で、ベジタリアンの食事、日本で言えば

 

玄米菜食の効果を認めています。

 

玄米の底力

 

ではなぜ、玄米菜食がいいのか。玄米は米のもみ殻を取り去っただ

 

けで、糠と胚芽を残しています。そして米の栄養素のほとんどは、

 

この糠と胚芽の部分に含まれっているのです。

 

〈生命の鎖〉という言葉があります。人間が健康を保つのにどうし

 

ても欠けてはいけない47の栄養素のことで、玄米の一粒はそのほ

 

とんどを含んでいます。だから後は、少量の野菜で補えば完璧なの

 

です。

 

 

(杉田の私見)

 

玄米は栄養の宝庫です。完全食なのでたくさん食べる必要はありま

 

せん。皮が固いので、胃腸が弱い方はよく噛んで食べるようにして

 

ください。

 

私も昔、食養指導を受けたことがあるのですが、その時の先生は「

 

一口200回噛め」と言っていました。実際一口200回嚙むと玄

 

米は口の中で水のようにとろとろになりますので、胃腸にはとても

 

優しいと思います。

 

 

 

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約