Blog

ブログ「大慶堂通信」

湿度が高いとむくんでつらい! どうして?

湿度が高いと余分な水分が

 

溜まりやすくなるからです。

 

こんにちは

レッズサポーター

さんあい薬局の石岡です(^^♪

 

だんだんと暑い日も多くなって

湿度も高くなってきたり・・・

また、雨が降ったら

湿気があって体調が悪いの~

って方も増えてきています。

 

身体には適度な潤いが必要です。

でも・・・

これがうまく代謝されずに余分な水分が体内に停滞すると・・・

どうなると思いますか?

汚く濁った水分(湿濁)となり体調を崩す原因になってしまうんですね。

梅雨時や蒸し暑い季節は、湿度が高くなりますよね。

 

体は汗を出すことで体温調節をしますが、

外の湿気が多いと、

発汗がうまくできないんです。

 

すると・・・

 

体の中には余分な水分(湿濁)がたまって

・むくむ

 

・体が重だるい

 

・胃腸の働きが悪くなり食欲不振

 

・軟便、下痢

 

などの症状があらわれるんです。

 

 

また、

暑いからといって

冷たいものをガブガブ飲んだり

アイスが美味しい~(*’ω’*)なんて食べ過ぎたり・・・

なんてことをしてしまうと

体の中によけいに余分な水分(湿濁)がたまってしまいますよ!

梅雨時・蒸し暑い季節は

余分な水分(湿濁)を取り除いて

水はけを良くしてあげることがポイント(*^^*)

 

利尿効果があるもの

・そらまめ

・とうもろこし

・大豆

・きゅうり

・すいか(白いところ)
・メロン

・鮭

 

胃腸を丈夫にして新陳代謝をアップしてくれるもの

・人参

・カボチャ

・くるみ

・豆腐

・山芋

・キャベツ

・カボチャ

 

もちろんビールなど水分や生もの冷たいものの食べ過ぎには注意しましょう。

特に夜間の取りすぎは水がたまるもとなので気をつけましょう!

 

 

 

参考になれば嬉しいです(*^-^*)

 

 

 

 

さんあい薬局 048-573-9331

Googleマップで見る

さんあい薬局営業カレンダー さんあい薬局連絡先

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約