Blog

ブログ「大慶堂通信」

ガンをはねのけ生き抜く力ーこんな食事があなたを治すⅡ

大慶堂漢方薬局の杉田です。いつもご覧いただきましてありがとう

 

ございます。

 

少しでもお役に立てればと思い、川竹文夫氏のお話を書かせていた

 

だいています。

 

10月7日の続きです。

 

 

カスを食べ続けますか?

 

一方、白米つまり胚乳の部分にはあまり栄養はありません。白米を

 

逆さに書くと粕(カス)という文字になります。

 

粕を主食にすると副食を多くしなくてはならなくなり、肉も卵も牛

 

乳もという形になりやすくなります。

 

すると動物性タンパク質の摂りすぎで肝臓も腎臓も疲れ果て、脂肪

 

の摂り過ぎで血液はドロドロ、カロリーの摂り過ぎはガンに餌をを

 

やっているようなものになってしまいます。

 

さらにこういう食事では野菜が食べにくくなる。その結果ガンと闘

 

う黄金トリオのビタミンCやE、ベータカロチンは決定的に不足し望

 

むような結果がでなくなってしまいます。

 

アメリカでガンが減った理由

 

1990年以来、アメリカでは、日本とは全く逆にガンになる人も

 

ガンで亡くなる人もずーっと減り続けています。

 

その最大の理由は、食生活の改善。肉食を極力減らし、産婦人科医

 

や小児科医は1日1杯の牛乳も飲まないように指導し、1日5皿分

 

の野菜を食べる努力を続けた結果なのです。

 

無理にお勧めするつもりは、私にはありませんが、健康と幸せを手

 

に入れるチャンスを無駄にしないでほしいと思っています。

 

 

(杉田の私見)

 

ガンが増えてきたのはここ30~40年だと思います。私が子供の

 

頃はガンにかかる人はほとんどいませんでした。西洋の食事が本格

 

的に入ってきてから急速に増えてきました。

 

日本人は昔から「米」「野菜・海藻」「貝や魚」は食べ続けています

 

ので、お腹の乳酸菌はこれらの食物は上手く処理するように進化して

 

いますが、動物性食品を上手く処理できるまで進化していません。

 

その結果、動物性食品を多食するとお腹の中で消化不良・腐敗が起こ

 

りガンやアレルギー性疾患を誘発する一大原因となります。

 

* 詳しくお知りになりたい方は大慶堂漢方薬局の杉田まで

ご連絡ください。

 

 

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約