Blog

ブログ「大慶堂通信」

血管とリンパ管

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

 

先日6月8日土曜日に漢方基礎講座を

 

やりました。

 

その時にお客様に

 

「リンパって何ですか?」という

 

質問があったので

 

今回は体の中のリンパの循環とその意味について

 

お話したいと思います。

 

 

 

体の循環系には血液循環とリンパの循環

 

の2種類があります。

 

血液循環の役割は

 

体を動かす為に大量に酸素や栄養を

 

速やかに送る事です。

 

この仕組みがあるから私達は

 

体を動かす事が出来るのです。

 

血液が心臓から手足末端に送られて

 

心臓に戻ってくるまで

 

40秒しかかかりません!

 

しかし、この仕組みにはデメリットがあります。

 

これだけのスピードだと

 

60兆の細胞に脂肪や潤い成分のような

 

大きくて重たい成分を運ぶのには

 

不都合なのです。

 

それで発達したのがリンパ管です。

 

リンパの流れは体の中心からではなく

 

手足末端から中心に向かう一方向性になります。

 

手足末端で血液が動脈から静脈に

 

流れる際に動脈と静脈にある隙間から

 

10%の液体成分が漏れ出て行きます。

 

これがリンパ液になります。

 

細胞の隅々を潤してゆっくりリンパ管に

 

吸収されて心臓のそばにある

 

鎖骨下静脈に戻ってきます。

 

手足末端から鎖骨下静脈に戻るまで

 

12時間かけて体を潤し続けるのです。

 

これがリンパ液の役割です。

 

血液循環は40秒で全身を巡る循環系で

 

リンパの循環は12時間かけて全身を巡る

 

循環系です。

 

この二つの循環系により

 

私達の体は健康を保っているのです。

 

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談