Blog

ブログ「大慶堂通信」

花粉症の目の痒みにはどんな漢方がいいの?

花粉症の目の痒みには熱タイプと湿タイプがあります。

熱タイプには熱を冷ます漢方薬(五味消毒飲など)

湿タイプには水分代謝を良くする漢方薬(勝湿顆粒など)

がおすすめです。

 

こんにちは、漢方薬局の後藤です。

花粉の飛沫がピークの時期になり

花粉症をお持ちの方は

とってもつらい季節になりましたね。

今年の症状は目の痒みを訴える方が

とても多いようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

では花粉症の目のかゆみを

中医学ではどのように考え

対応するのでしょう?

 

中医学では花粉症の目の痒みを

2つのタイプに分けて考えます。

①熱タイプ

→赤みや熱感を帯びる。

乾燥が目立ちヒリヒリする感じを伴う痒み

が特徴です。

漢方薬は熱を冷ますものを使います。

熱タイプに使う漢方薬の代表は

五味消毒飲という漢方薬です。

飲むと赤みや熱感がおさまり痒みが楽になります。

 

 

 

 

 

 

②湿タイプ

→赤みや熱感は少ない。

ヒリヒリ感よりもムズムズ感を伴う痒み

鼻水や涙が多いのが特徴です。

漢方薬は水分代謝を改善するものを使います。

湿タイプに使う漢方薬の代表は

勝湿顆粒です。

他に免疫の調整、水分代謝の改善が得意な

シベリア霊芝という商品もオススメです。

飲むと体の水はけが良くなり症状が楽になります。

 

 

 

 

 

 

漢方薬は眠くなったり、集中力がなくなったり

する心配がないので安心してお飲みいただけます。

花粉症で目がかゆくてお悩みの方は

是非お試しください。

 

 

後藤

漢方薬局

048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約