Blog

ブログ「大慶堂通信」

冷えは不眠の原因になる!!

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

今回は冷えと不眠の関係についてお話します。

夜、質の良い睡眠を得るには、

体の正常な体温変化が大切です。

体の体温は日中活動するときは上昇します。

夜になると日中体温が上がって

体にたまった熱が手足から放出されて

体温が下がります。

この時に眠気を感じます。

しかし、冷え性の人は

日中も十分体温が上がりません。

十分体温が上がらないまま夜になると

生体防御反応が働き、

熱の発散を抑えて体温が下がるのを

防いでしまします。

体温が十分下がらないので

眠気を感じにくくなり

睡眠の質が下がり

慢性的な睡眠不足に悩ませれることになります。

 

冷えを改善すると、体の正常な体温変化が戻り

睡眠の質が良くなります。

睡眠は体や心の1日の疲れをリセットするのに

とても大切です。

それが出来ず疲れが積み重なると

・過労

・人間関係のトラブル

・病気やケガ

・うつ病

・肥満

・免疫力の低下

などにつながってしまいます。

冷え性は万病の元となるという

東洋医学の考え方は

睡眠の質という点からも

説明することが出来ますね!

 

冷えでお悩みの方は

自分の体や心を守るために

早めに改善することが大切です。

心当たりのある方は是非相談にいらしてください。

後藤

漢方薬局

048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約