Blog

ブログ「大慶堂通信」

寝汗をかくのはどうして?

寝汗は東洋医学では『盗汗』(とうかん)といいます。

 

普通は健康な人でもコップ一杯程度の寝汗は

かきますが、体調が悪いと不快な汗をかきます。

虚弱体質のタイプの方や慢性病で

体が衰弱している人によくみられます。

 

食欲不振で疲れやすく気力・体力もなく

寝汗で夜に何回も起きるといった人がいます。

 

 

こんにちわ~大慶堂漢方薬局の藤村です

 

 

寝汗でよく見られるタイプは陰虚(いんきょ)タイプです
(体を潤して熱を冷ます陰(いん)が不足しているタイプ)

また痩せた方やお年寄りに多く見られます
このタイプは体の津液(水)が

不足している状態とイメージできます。

 

津液(陰)が不足すると体内に熱がこもりやすくなり、

体は体温を下げるために汗を出そうとします。それが寝汗です

 

また汗を多く書くと益々津液(陰)が不足して悪循環となるので

早めのケアが大切です。

 

原因は?
虚弱体質・慢性病・病中病後・ストレス・下痢・

嘔吐などが考えられます

 

症状は?
のぼせやすい・夕方から熱っぽい・口が渇く・

肌が乾燥する・尿が黄色いなどが出てきます

 

改善ポイント?

睡眠をよくとる
ゆっくりリラックスする時間を作る
辛いものや刺激物は避ける
バランス良く食べる
寝汗をかくときは体が弱っている時なので

風邪をひかないように気を付ける
疲れをためないように気を付ける

 

寝汗で悩んでいられる方は是非ご相談ください

 

 

 

藤村

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約は

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約