Blog

ブログ「大慶堂通信」

「ガンを克服する!!」のにおすすめできない、ちょっともったいない考え方ⅢーⅡ

いつもご覧いただきましてありがとうございます。11月25日の続き

 

です。

 

 

しかしなかには、「ガンは死ぬ病気」という呪縛を自らにかけている人

 

がいらっしゃいます。このようなタイプの人が、医師から余命を告げら

 

れれば、それはまさに「ご神託」になります。おそらく予言どうりにな

 

ってしまうでしょう。

 

その強固な信念はどこからきているのでしょうか。自覚できない場合は

 

カウンセリングなどの心理的アプローチが必要です。

 

以下は、名古屋で統合医療 希望クリニックを開業されている堀田由浩

 

先生が、病院の外科医時代に経験された患者さんの事例です。

 

(   次回に続きます)

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談