Blog

ブログ「大慶堂通信」

「ガンを克服する‼」のにおすすめできない、ちょっともったいない考え方Ⅲ

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

 

11月16日の続きです。

 

 

(3)【ガン=死】という呪文を自分で自分かけている方

 

別の表現をすれば、「誰が何といっても、ガンは死ぬ病気だ!」と思い

 

込んでいる方です。

 

おそらく、ガンと診断されたら、9割の方が「死」を頭に思い浮かべる

 

でしょう。

 

医者の発言、マスコミの報道などから、「ガン=不治の病=死の病気」

 

はあたかも〝社会常識″のように私達の脳に刷り込まれてしまっていま

 

す。

 

ところがそれは事実ではありません。余命を宣告されても、末期と診断

 

されながらも、ガンが消えた方、余命を大きく超えて生存している方(

 

ガンサバイバー)がおられます。

 

ガンサバイバーの体験談を読んだり、直接会うことで、不健全なイメージ

 

変えることができます。

 

(次回に続きます)

 

 

 

 

 

 

 

 

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談