Blog

ブログ「大慶堂通信」

うつ病の家族の人はどう接すればいいの?

適切な距離を保ちつつ温かく見守りながら

 

過干渉にならないように接しましょう!

 

 

 

 

こんにちは、漢方薬局の後藤です。

 

今回はうつ病患者の家族の接し方について

 

お話したいと思います。

 

うつ病患者の家族は

 

「どうしよう」

 

「なにしていいかわからない」

 

「心配だしとにかくあせ!」

 

と患者のことを無理にわかろうとして

 

患者に振り回されると

 

自分も同じ病気になってしまいます。

 

ポイントは

 

客観的に人を見られるかどうかです!

 

そのためのコツとして

 

①家族は時々患者から離れて自分だけの世界をつくる

 

②「どうして?なんで?」

 

ということに無駄なエネルギーを使わず

 

「今どうするか」を考える

 

です。

 

客観的になる事が一番難しいのが

 

親子という関係です。

 

親は子供に対していくつになっても

 

子供として見てしまう。

 

精神的に一体化している親子関係もあります。

 

客観的に相手を見られる大人になる!

 

がとても大事です。

 

 

 

 

私がうつ病になって会社を休職し

 

長崎の職場から実家の埼玉に戻った時は

 

最初はなにもせずぼーっとしていました。

 

いとこにガラケーからスマートフォンに

 

機種変更するのを付き添ってもらい

 

スマートフォンを手にしてからは

 

夢中になれるゲームのアプリがみつかり

 

それをやっていると少し気持ちが

 

楽になりました。

 

そのあと午後3時ごろに1時間ほど

 

母親と散歩をする習慣を始めました。

 

両親は私が少しずつ回復するのを

 

温かく見守ってくれました。

 

回復には本当に時間がかかります。

 

本人も家族もあせらないのが

 

大切だと思います。

 

次回は「うつ病の人に周囲はどう接すればいいか」

 

についてお話します。

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談