Blog

ブログ「大慶堂通信」

うつ病の人に周囲はどう接すればいいの?

①いつもと同じように接する

 

②本人の話を聞いてあげる

 

➂本人のペースを優先する

 

➃重大な決定をさせない

 

⑤時々は距離を置く

 

がうつ病の人との付き合い方の大事なポイントになります。

 

 

 

 

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

 

今回はうつ病の人との付き合い方の5つのポイント

 

についてお話しします。

 

①いつもと同じように接する

 

ハレもの扱いすると「自分は迷惑をかけている」と

 

落ち込む原因になってしまいます。

 

②本人の話を聞いてあげる

 

悩みを1人で抱えこませない。

 

周りが受け止めてあげる事が大切です。

 

➂本人のペースを優先する

 

慌てさせたり焦らせてはいけません

 

➃重大な決定をさせない。

 

仕事を辞める、離婚する、引っ越しなど

 

⑤時々は距離をおく

 

お互い苦しくならないようにするのが大切です。

 

 

 

 

私がうつ病になり休職して実家に戻った時は

 

しばらく会っていなかった友達に会って

 

話を聞いてもらいました。

 

復職支援のリワークという施設では

 

いろんな会社でうつ病になった人たちと

 

復職の為の取り組みをしたり

 

3人の心理カウンセラーの方と

 

何度も面談を重ねる事で

 

自分の状態を客観的に考えられるように

 

なりました。

 

ポイント②の話を聞いてもらうことが

 

私にとってはとてもありがたかったです。

 

しかし、話を聞いてもらうには

 

まず、自分のことを整理して話せるように

 

なることが重要です。

 

リワークでは私が生まれてからどんな子供時代を過ごし

 

どんなことにこだわり、どんな経過をたどって

 

今に至っているのかを

 

細かく振り返ることをしました。

 

結構大変でしたが、

 

うつ病発症時は自分のことを全否定していましたが

 

振り返ることによって、

 

自分の良い面や自信をもてる事を

 

思い出すことができて

 

考え方のバランスを取り戻す事が出来ました。

 

これが、自分を知る事、今の自分の成長に

 

つながっています。

 

次回はうつ病患者の気持ちについてお話しします。

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談