Blog

ブログ「大慶堂通信」

日焼け止めはいつから塗るべき?

 

実は日焼け止めは晴天の多い春からきちんと塗るべきなんです❤

 

こんにちは(*^-^*)

さんあい薬局瀬川です❤

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

真夏の暑い日差しの中にいると、お肌が焼けてしまうといったイメージが

皆さんあるので真夏は日焼け止めをきちんと塗りきちんとケアしている人も

多いのですが実は晴れの日が多い春が意外と落とし穴だったりするんです・・

 

 

気が付かないうちに焼けてた・・・

なんてことありませんか??

 

 

よく日焼け止めにはPA+++などの表示がありますよね?

みなさんなんとなく+が多い方がいいのではないかと

+が多い日焼け止めをなんとなく手に取ったりしていませんか?

実はきちんと意味があるのです。

 

 

■UV-A
UV-Bのようにすぐに皮膚変化を起こすことはありませんが、肌の奥まで届くため皮膚組織を壊します。

雲や窓なども通過してしまいお肌に到達します。
気づかないうちに浴びているために、長年蓄積され深いシワやシミの原因となるのです。
■UV-B

お肌を赤くする紫外線です。これが日焼けの原因となる紫外線です。
サンバーン(肌に赤みが出る現象)を起こしますが、真皮層までは達しません。
ですがターンオーバーを早めるため、色素新着、シミ・シワなどの原因となります。
■PA

こちらはUV-Aにどれくらい効くかということです。
■SPF
UV-Bの値=SPFとされています。
つまりは、UV-Bにどのぐらい効くかということです。
□PA+とSPF 10
日常生活において紫外線予防となる程度の数値。
□PA++とSPF 20
野外スポーツやハイキングなどで紫外線を防げる数値。
□PA+++とSPF 30~
炎天下のスポーツや海やプール、スキー、登山などで紫外線を防ぐ数値。

 

例えばお仕事中やちょっとしたお買い物に行くのに

PA+++ SPF30の日焼け止めを使ってしまうと

反ってお肌に負担をかけてしまったりするんです(´・ω・`)
きちんと知っていれば、用途によってベストな日焼止めを選ぶことも可能になります。
日焼止めを上手く使い分けることによって、お肌に負担をかけずに済みますね(*^^*)

 

 

夏じゃないからって、油断していると数年後には恐ろしいことが起こるかもしれません・・・。
何年もシミやシワが蓄積され後々後悔しないように

今から紫外線対策はしておいて損はないといえます!!!!
たとえ曇りの日であっても紫外線は絶えず降り注いでいますから、

お天気に左右されないように気を付けましょう♪

 

 

 

 

 

さんあい薬局 048-573-9331

Googleマップで見る

さんあい薬局営業カレンダー
さんあい薬局連絡先

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約