Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のガン相談

大慶堂漢方薬局の杉田です。今日は昨日の続きをお話します。

 

さらに今後期待されているのが「プレジョン・メディシン(精密医療)」

です。従来はガンの種類別、臓器別の臨床試験で有効性を認められたもの

が, 抗ガン剤として認可されてきました。

ところが、ガンの増殖に関与する遺伝子解析技術の進歩によって、遺伝子

変異のタイプを見極め、それに対応する分子標的薬を投与することで治療

成績が向上することが明らかになって来ました。しかもガン種、臓器が異

なっても同じ遺伝子が変異していれば、同一の薬剤が奏功することがある

のです。

例えば、乳ガンに適応が認められている分子標的薬が、Aという遺伝子変

異に対応する薬剤だとしますと、それがやはりA遺伝子が変異した子宮ガ

ンにも使えるということです。

 

 

お問い合わせ
カウンセラー予約
スカイプ相談