Blog

ブログ「大慶堂通信」

男性更年期生活養生②~七情~

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

前回、中医学では、人が病気になる原因を

①外部的要因(外感)=細菌、ウイルス、気候

②内部的要因(内傷)

の二つに分けて考えるというお話をしました。

生活養生は②の内部的要因の予防に関わります。

 

今回は内部的要因の一つである七情について

お話します。

 

七情とは人間の精神活動のことを言います。

人間の精神活動は

喜、怒、思、憂、悲、恐、驚の七つに分類されます。

通常はこれらの精神活動が

病気の原因にはなりませんが

急激で強烈な感情の高ぶりがあったり

持続して長期的に続いたりしたときに

体に影響を与えてしまいます。

それぞれの感情は

陰陽五行説に基づいて

五臓のそれぞれに結び付けられています。

喜→心

怒→肝

思→脾

悲・憂→肺

恐・驚→腎

それぞれの精神活動がそれぞれの臓器に

影響を与えます。

では、どのように影響するのでしょう?

七情は気血水のうちの気に影響を与えます。

喜→気が緩む

怒→気が上がる

思→気が結ぶ

悲・憂→気が消える

恐→気が下がる

驚→気が乱れる

 

では具体的にどういうことなのかお話します

喜は心に影響し気を緩ませます。

喜びは緊張をほぐし幸せな気持ちになるので

一番好ましい感情に思えます。

ふつう喜ぶことは不都合などないと思いますよね。

しかし、中医学では、喜びも度を過ぎれば

体にさわると考えます。

中医学の心は

精神活動をしている脳の働きも含まれます。

喜び過ぎると心の気(=脳の機能)が緩みます。

私たちも日常的に「気が緩む」という表現は

使いますよね。

これと近い意味になります。

喜び過ぎで気が緩むと

集中力がなくなる

夜眠れなくなる

ひどい場合は

失神する

錯乱する

などの症状に発展することがあります。

心の気の緩みというのは

精神活動をコントロールすることができなくなって

しまう状態です。

子供の頃遠足の前日にあまりにもうれしくて眠れなくなる

宝くじで三億円が当たりまともな生活ができなくなる

人気アーティストのライブで興奮して失神してしまう

などが具体的な例になります。

喜び過ぎもときに体を害してしまうのです。

 

今日はここまでです。

次回は残りの七情について具体的にお話します。

良かったら読んでください(^^♪

 

後藤

漢方薬局

048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

 

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約