Blog

ブログ「大慶堂通信」

生け花サークルで芍薬を生けてきました!

こんにちは、漢方薬局の後藤です。

 

昨日月1回通っている生け花サークルで

 

芍薬を生けてきました。

 

芍薬はとても大きくて可憐な花です。

 

芍薬は根の部分を漢方薬で使うので

 

とても親近感が持てました。

 

 

 

 

少し漢方薬の芍薬についてご紹介したいと思います。

 

人の生体反応として弱った部分があったとき、

 

それを守ったり代償するように、

 

周りの器官が緊張する事がよくあります。

 

このような時、自覚症状として痛みが生じます。

 

このような状態を芍薬は改善してくれます。

 

芍薬には周りの器官の緊張を緩めてくれる効果と

 

弱ってしまった内臓の部分を守ってくれる効果

 

があります。

 

この二つの効果があるので芍薬は多様な症状に

 

用いられ、様々な漢方薬に配合されています。

 

芍薬の代表的な処方に芍薬甘草湯があります。

 

この処方はこむらがえりなど急激な筋肉の緊張

 

をとるのが得意です。

 

しかし、痛みの裏にはどこかに弱くなっているところが

 

あるかもしれません。

 

芍薬で足りない時は

 

しっかり弱った部分を補強する漢方薬を併用して使います。

 

弱っているところを治すには芍薬だけでは

 

足りないことがあります。

 

その場合はしっかり補うことが

 

得意な漢方薬を合わせて使います。

 

以下が生けた芍薬です

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約