Blog

ブログ「大慶堂通信」

習慣性流産は漢方で治るの?

中医学で考える流産予防は

①卵子の質、黄体機能に関わる腎の機能の改善

②子宮・卵巣に必要な栄養を食べ物から得る為の

 胃腸機能の改善

③子宮自体の血流の充実

④母体が精神的にリラックスする

以上4つの視点で考えます。

漢方薬で3カ月以上、6ヶ月~1年かけて

体質を改善すると習慣性流産と診断された方が

妊娠・出産される症例が沢山あります。

 

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

今回は流産についてお話します。

 

流産とは

胎児が生存可能な状態に発育する前に

妊娠が中断される事を言います。

流産は全妊娠の10~15%に起こります。

流産の50~70%以上に染色体異常が認められるため

流産は人間の優良な種を残すための自然淘汰の現象の一つ

と考えられています。

 

流産の原因は

・卵子の異常

・精子の異常

・受精卵の染色体異常

・卵の分割時の異常

・子宮形態の異常

・免疫の異常

・子宮内感染

など様々です。

 

中医学で流産防止・治療のポイントは

体から子宮や卵巣に気血を運ぶ経脈の気血を

充実させることと考えます。

 

例えば40歳の女性で生理が普通に来ていて

子供を希望しているけど、いろいろ治療して

体外受精までしても流産を繰り返してしまう。

検査をしても何も異常がないという方がいます。

このような方は通常生活するうえでは健康で

全く病人ではありません。

しかし、妊娠・出産するためには子宮・卵巣に

気血を運ぶ経脈の充実が足りないと考えます。

 

 

子宮・卵巣に気血を運ぶ経脈は五臓の中の腎と

直接つながっているので

①漢方薬は補腎薬を中心に考えます。

さらに食べた物から気血を作る胃腸機能の改善の為に

②漢方薬では健脾薬

食べ物から作られた気血をがスムーズに子宮・卵巣に流れるように

③漢方では活血薬

母体がリラックスして子宮が緊張状態にならないように

④漢方では安神薬

以上の様なものをつかって3ヵ月以上、6ヶ月~1年かけて

体質改善をします。

 

病院の不妊治療ではすぐ移植してすぐ流産して

それを何度も繰り返してしまう事があります。

体のダメージと心理的負担がかなり大きくなってしまいます。

 

漢方治療は流産しない体質に変えていくのが目的です。

体調も良くなるし、体も元気になるし、美容にもなります。

美しく健康な体作りができるのです。

それが漢方の良いところです。

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談