Blog

ブログ「大慶堂通信」

「ガンを克服する‼」のにおすすめできない、ちょっともったいない考え方Ⅱ

11月13日の続きです。

 

 

(2)自分のガンを自分で引き受けられない人

 

ガンになったことを自分一人で背負い、責任を感じ、悩み、解決

 

しなさい!ということではありません。

 

しかし、自分の病気を誰かのせい、家庭環境や労働環境(過酷な

 

労働、強烈な発ガン物質に接する環境もありますが)のせいにし

 

続けてもガンは消えません。

 

他者のせいと怒り、嘆き悲しんでも、ガンに効く薬にはなりませ

 

ん。それどころか、治癒力にブレーキをかけてしまいます。

 

なぜなら、他者のせいにしていると、病気の本質が見なくなって

 

しまうからです。

 

あなたの体に起きたことは、たとえ理不尽に感じても、あなたが

 

生きる限り、自分で引き受けていくしかないのです。

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談