Blog

ブログ「大慶堂通信」

うつ病になりやすい性格ってあるの?

うつ病になりやす性格というのはありません!

 

 

 

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

 

今回はうつ病と性格の関係について

 

お話ししたいと思います。

 

一般的にまじめな人がうつ病になりやすい

 

と言われることがよくありますが、

 

うつ病になりやすい性格というのはないそうです。

 

 

 

 

たとえば

 

几帳面な人がたくさん仕事をかかえると

 

まわりに迷惑をかけないように頑張って

 

仕事が失敗するか、体の病気になるか

 

うつ病になるまで頑張ってしまう場合があります。

 

それとは逆に

 

不真面目でなんでも人に頼ってしまう性格で

 

頼り過ぎてしまって

 

人から愛想尽かされてしまい

 

裏切られたと感じてしまい

 

それを何度も繰り返していくうちに

 

疲れてうつ病になってしまう場合もあります。

 

 

 

性格には裏と表があります。

 

丁寧な人の裏には几帳面な面があり

 

思いやりがある人の裏には

 

人のことを気にしすぎる面があります。

 

大事なのは性格をどう活かして

 

できるだけストレスの少ない生き方ができるか

 

ということです。

 

たとえば

 

人と話すのが苦手な人が営業の仕事をしたら

 

大変なストレスになってしまいます。

 

自分に合わない環境に行かないように

 

気を付けるのが大切です。

 

たとえがば

 

つい自分一人で考え込んでしまう人は

 

悲観しやすい傾向にあります。

 

一人で抱え込まないで誰かに相談することで

 

悲観的になるのを防ぐことが大切です。

 

 

 

 

うつ病の原因は

 

性格より

 

その人の持っている「極端な考え方のクセ」

 

の方が大きいのです。

 

ちょっとした工夫で

 

極端な考え方のクセを

 

少し柔軟にすることができると

 

かなり楽になることができます。

 

 

 

私の場合は

 

典型的に

 

「つい自分ひとりで考え込んでしまう」

 

タイプでした。

 

うつ病になってから、いろんな人に

 

等身大の自分の状態を相談できるようになりました。

 

自分が正直に話すことによって共感をしてくれる人

 

信頼できる人、尊敬できる人がとてもたくさん

 

出来ました。

 

それが今の自分の支えになっています。

 

 

 

 

次回は「うつ病を防ぐことが出来るのか」

 

についてお話ししたいと思います。

 

よかったらまた読んで下さい(^◇^)

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約