Blog

ブログ「大慶堂通信」

第4回アジア太平洋地域中医薬サミットに参加してきました。

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

 

この前の日曜日と月曜日に

 

第4回アジア太平洋地域中医薬サミットに参加してきました。

 

日本で開催されるのは今回が初めてとの事でした。

 

名立たる中国の中医薬大学の教授の先生の

 

講演を同時通訳で拝聴することができました。

 

とても貴重な経験が出来ました。

 

今回は講演の中で特に印象に残っている

 

事をお話したいと思います。

 

 

 

 

南京中医薬大学教授 談勇先生の

 

安胎と栓友病についてという講演が

 

とても勉強になりました。

 

栓友病とは血栓形成傾向のことです。

 

これが流産を起こすリスクランキングで

 

最高ランクになっているとの事でした。

 

日本では高齢妊娠の方に多いそうです。

 

栓友病(血栓形成傾向)の方は

 

子宮と胎盤の血液循環が悪く

 

胎盤に塞栓(血液の塊)ができ

 

胎児に送る血液が足りなくなってしまいます。

 

これが流産や子宮内死産の原因になります。

 

漢方では血流が悪くなることをお血と言います。

 

栓友病(血栓形成傾向)のお血の原因は

 

主に3つのタイプで考えます。

 

①ストレス(気滞)

 

②血液を流す体力がない体質(気虚・血虚)

 

③お血がある(子宮筋腫などの既往)

 

流産、子宮内死産予防にはそれぞれに対して

 

漢方薬で対応するのが有効との事でした。

 

漢方相談ではお話を伺い①~③のどのタイプなのか

 

または複数の問題を抱えているのか判断し

 

漢方薬をご提案します。

 

流産・死産に対するメカニズムと対応方法という

 

とても最先端で貴重で興味深い講演を聞くことが

 

出来ました。

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談