Blog

ブログ「大慶堂通信」

おりものチェックで排卵の時期が判ります!

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

 

今回は不妊症の相談で必ずお話しする

 

おりものチェックについてお話しします。

 

 

 

不妊症の相談では

 

生理12日目~15日目頃に出てくる

 

生卵の白身のような透明なねばねばしたおりものが

 

確認できるかどうかを

 

とても重視しています。

 

この様なおりものは

 

女性ホルモンであるエストロゲンが

 

高い時にしか出ない特別なおりものです。

 

生理12日目の頃に

 

卵胞が順調に成長していれば

 

16㎜くらいの大きさになります。

 

大きくなった卵胞からは大量のエストロゲンが

 

分泌されます。

 

これが刺激になって排卵が誘発されるホルモンが働き

 

排卵に至ります。

 

つまり、このようなおりものは

 

①卵胞がしっかり大きくなっている

②エストロゲン値が十分高くなっている

➂もうすぐ排卵を迎える

 

サインになります。

 

通常おりものは早い人で月経が終わったら

 

水っぽいのが出てきます。

 

だいたい生理8日目くらいまで続きます。

 

その後生理10日目くらいになると

 

おりものが白っぽく豆乳のような状態になります。

 

まだこの時点ではネバネバはしてません。

 

その後生理12日目~15日目に

 

透明でネバネバした状態になります。

 

白っぽいおりものが透明になったら

 

もうすぐ排卵するサインになります!

 

おりものは子宮頸部と膣の壁の細胞から出てきますが

 

出てくるか来ないかは膣の長さにもよります。

 

普段出てこない場合は

 

トイレに行くときに深めに拭くと

 

確認できることがあります。

 

 

 

おりものは

 

卵胞が成長してエストロゲンが高くなる時以外にも

 

量が多くなることがあります。

 

感染症で分泌物が多くなった時です。

 

この時に増えるおりものは

 

色が黄色くなり臭いを伴うのが特徴です。

 

この様なおりものが出た時は

 

炎症をとり感染症を改善しなければなりません。

 

 

不妊症に関わらず

 

おりものは体調をみる

 

1つの方法にもなります。

 

参考にして頂けるとありがたいです。

 

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談