Blog

ブログ「大慶堂通信」

生と缶詰どっちが良いの?🍅

完熟状態で収穫、加工されるので
栄養価的にはほぼ変わらないと言われてます。

 

こんにちは

さんあい薬局の飯塚です。

 

今回は夏野菜の代表「トマト」のお話🎶

 

 

 

トマトは今では一般的に食卓へと

並んでますが、

常食され始めたのは明治時代といわれ

それまでは鮮やかな色と強い香りによって

敬遠されていたようです。

 

栄養価としてはビタミン類、βカロテンを豊富に含み

ビタミンCについては1日量の約半分が摂取できると言われてます。

 

そしてトマトと言えば「リコピン

 

リコピンは抗酸化作用があると言われ、

肌ケアやアンチエイジング作用があると言われています。

 

「トマトが赤くなると医者が青くなる」

ということわざがあるくらい

トマトには栄養素が豊富に含まれています。

 

元々は西洋のことわざで

「一日一個のトマトは医者を遠ざける」

というものが日本に伝わり

このように変わったと言われてます。

 

また「リコピン」は脂溶性なので

加熱することにより吸収率が上がるそうです。

 

因みに一番初めにも書きましたが

生で食べるのと缶詰等に加工されているもの

どちらが良いのかと言う事ですが

完熟状態のものを加工しているので

比較的栄養価としては変わりません。

 

そこで私のおすすめの調理方法は

トマトほうれん草のガーリック炒め」

です🎵

 

 

☆材料☆

トマト・・・小1個(130〜150g)

ほうれん草・・・2株

スライスハム・・・3〜4枚

卵・・・1個

乾燥ニンニクスライス・・・大さじ1/2

塩胡椒・・・少々

オリーブ油 ・・・大さじ1

 

 

☆作り方☆

1.ほうれん草、トマト、ハムを食べやすい大きさに切る。

2.フライパンにオリーブ油とニンニクスライスを入れ弱火にかける。

3.ニンニクがほんのり色づいて来たら、ほうれん草、トマト、ハムを入れて炒める。

4.全体に火が通ったら塩胡椒をする。(ハムの塩加減を考慮して塩の量は慎重に)

 

 

以上で完成(*^^*)

 

 

簡単に作れるので

是非お試し下さい~(*’ω’*)

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約