Blog

ブログ「大慶堂通信」

食べても食べても、まだ食べたいんです。どうしたらいいの?

胃熱による過食です。

 

 

こんにちは

大慶堂漢方薬局の石岡です(^^♪

 

 

食べても食べても、まだ食べたかったり

すぐにお腹がすいたり

胃腸に負担をかけるのはわかっていても

食べ過ぎちゃう・・・

っていう人は結構いますよね。

 

そんな状態を

中医学では【胃熱】といいます。

 

 

胃熱とは・・・胃中で熱が生じた状態

胃熱の原因はとしては・・・

 

辛いもの、油っこいもの、甘いものなどの過食や

精神的ストレスによっって胃中に熱を生じてしまうんです。

 

胃熱は体の潤いを消耗して渇くので、

冷たいものを好んで飲んだり

消化機能が異常に亢進するので

食べても食べてもお腹が減る状態が現れるんです。

症状としては、こんなことも・・・

 

・みぞおちの焼けるような痛み

・胃が焼けるように痛む

・胸やけ

・冷たいものを好む

・口が渇く

・食べてもすぐに空腹になる

・歯茎が腫れ、出血

・口臭

・便秘

などの症状があります。

 

 

 

普段の生活で気を付けてほしいのは

 

野菜を多くとり、

余分な熱を取り潤いをもたらす食材として

豆腐、蕎麦、トマト、オレンジなどがおすすめです。

 

また、ストレスとうまくつきあい、解消することが大切(*^-^*)

 

質の良い睡眠を取り、なるべく規則正しい生活をしてみましょう❤

 

 

 

 

 

 

石岡

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約