Blog

ブログ「大慶堂通信」

GI値が高いとどうして太るの?

血糖値が急激に上がると

インスリンが大量に分泌され

糖を脂肪として溜め込もうとします!

こんにちは、さんあい薬局

ダイエットカウンセラー高橋です(*^-^*)

血糖値を急激に上げると太りやすいとか

血糖値を緩やかに上げる食品は太りにくいと言う話を

聞いた事あると思います(*^-^*)

GI値とはその食品が体内で糖に変わり血糖値が上昇するスピードを計ったものです。

血糖値が急激に上がるとインスリンと言うホルモンが多く分泌されます。

インスリンにはそのエネルギーを脂肪として身体にため込み

脂肪細胞の分解を抑制する働きががあります!

GI値は糖質量や消化のスピードなどで決まります。
GI値が低い食べ物ほどゆっくりと吸収されるため腹持ちがよく

ダイエット向きの食材です♪

ここで気を付けなければいけない事があります。

低GI食品=低カロリー食品ではありません

GI値とカロリーは別です!

低GI食品だからと食べ過ぎては太ってしまいます(*^-^*)

ナッツなどはGI値は低いけどカロリーは高いので食べ過ぎ注意です!

低GIで低カロリーな食品は

こんにゃく、もずく、トマト、葱、ブロッコリーなど野菜です。

野菜でもジャガイモ、人参、長芋などはGI値が高いのでご注意です(*^-^*)

ちなみに

高GI値、高カロリーな食品

ドーナツ、フライドポテト、クッキー、かりんとう、クロワッサンなどなど・・・

GI値を低く抑えたいからと野菜ばかりを摂取していると代謝が低くなってしまいますので

お肉やお魚、大豆製品などのたんぱく質も大切です。

主食や副菜の中からGI値の低い食品を上手に組み合わせて食べれたら最高です(*^-^*)

 

GI値の高い食事の時は初めにGI値の低いものを食べるようにするといいです☆

 

食事の参考になれば嬉しいです(*^-^*)

 

 

 

 

<オンラインダイエット塾始めました!>

詳しくはこちらから←

048-577-7311
大慶堂 営業企画部
担当カウンセラー:高橋(なお)

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約