Blog

ブログ「大慶堂通信」

夜勤はなぜ体重が落ちないんだろう・・・?

 

 

それは・・・

適切な睡眠時間に

熟睡出来ていないからです(^^)/

 

こんにちは!

漢方薬局の黒田です♥

 

今日のブログは

睡眠時のホルモンと

痩せる・太るの関係について

 

ダイエットに必要なポイントは

食事だけだって思われがちなんですが、

実は睡眠もとーっても大事

 

お客さまから

「夜勤は全然体重が落ちない」と

質問を受けたのでブログに\(^o^)/

 

皆さんに質問です!

ぐっすり眠れていますか?
 
【睡眠不足】
 
【7時間寝てるけど深夜帯】
 
【途中で目が覚めてしまう】
 
などなど・・・
 
睡眠の悩みがある方
 
自然に脂肪が蓄積されてしまう
 
太る体質になっているかも(=_=)
 
 
睡眠不足は
 
食欲を抑えるホルモンの分泌を減らして
 
食欲を増やすホルモンを増加させます。
 
空腹感が増すことで
 
自然と摂取カロリーが増えてしまうため
太ることに繋がってしまうんです・・・
 
寝不足やオールのあとは
 
高脂肪なものが食べたくなりません?(笑)
 
あれはホルモンが関係していたんです!
 
 
☆睡眠中に分泌されて代謝に関係のあるホルモン☆
①成長ホルモン
 
これは有名ですよね!
成長ホルモンは子供の
成長を助けるだけでなく
大人のダイエットにとって重要なホルモン!(^^)!
質の良い睡眠が十分にとれていると
(10時~2時がゴールデンタイム)
代謝を増進させて食事で摂ったエネルギーが
効率的に消費されるように働きかけます♪
睡眠の質が悪くなることや睡眠不足になると
代謝が落ちて、食べた物の
エネルギーの消費が思うようにできなくなり
結果太るのです。
 
 
 
②レプチン
レプチンはおもに食欲を抑えるホルモン!
睡眠不足や質の低下によって
レプチンの分泌が不足します。
レプチンが不足すると
食欲が抑えられなくなる

食べても満腹中枢が満たされず、
食べ過ぎてしまったりします(^-^;
※スタンフォード大学の研究によると
1日の睡眠時間が5時間の人は、
睡眠時間が8時間の人に比べて
レプチンの量が約2割も少ないことがわかっています。
逆に質のよい睡眠を
十分に取ることができると
レプチンの分泌が安定して、
食欲を抑制することもできると言われています☝♥
 
 
③グレリン
グレリンはおもに食欲を増進させる

成長ホルモンの分泌を刺激します。
グレリンは上の2つのホルモンとは逆で
睡眠の質が悪くなったり
睡眠不足になると分泌が増えます。
なのでグレリンの分泌量が増えるほど
カロリー摂取量が増えて
太ることにつながりやすくなるんです!!!
 
 
 
以上、三つのホルモンを
正常に働かせると
ダイエットが加速します!(^^)!♥
 
10時~2時のゴールデンタイムに
いかにしっかり眠れるかが
キーポイント☝
 
今かなり遅めの就寝の方、
なかなかいきなり早寝は
難しいかもしれないので、
まずは30分!!!
早く寝てみましょう
 
 
 
 
 
 
 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約