Blog

ブログ「大慶堂通信」

何でダイエットには十分な睡眠が必要なの?

食欲と関係するホルモンの分泌が乱れるからです。

 

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

 

アメリカ・コロンビア大学の「睡眠と肥満の関係」

についての研究で、1日の睡眠時間が平均7~9時間の人と比べると

4時間以下の人は73%

5時間の人は50%

6時間の人は20%

が肥満になりやすいという結果が報告されています。

この研究によりダイエットには7時間以上の睡眠が

大切ということがわかりました。

 

睡眠時間が短いと

①食欲促進ホルモンのグレリンが増える

②食欲抑制ホルモンのレプチンが減る

その結果ついつい食べ過ぎてしまうのです。

特に甘いものやスナック菓子、パスタなど

高カロリーで糖質主体の食べ物への欲求が強まってしまいます。

 

夜中に甘いものやスナック菓子が食べたくなって

我慢が出来なくなる人は

睡眠時間が足りなくて

食欲のコントロールが乱れているのかもしれません。

 

生活習慣を見直し睡眠時間を長くしてみてください。

 

 

後藤

漢方薬局

048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約