Blog

ブログ「大慶堂通信」

生理痛はなんで起こるの?

生理痛は子宮の筋肉の伸縮が悪いときに

起こる筋肉痛です。

 

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

今回は生理痛についてお話します

 

本来生理痛は全くないのが健康な状態です。

筋肉の伸縮がスムーズであれば痛みは起こりません。

 

しかし、なんらかの原因で

子宮の筋肉の伸縮が悪くなると

無理に筋肉を動かすことにより

筋肉痛が起こります。

これが生理痛です。

 

子宮の筋肉の伸縮が悪くなる原因は

主に冷えとお血です。

 

子宮が冷えて筋肉が縮こまり伸縮が悪くなると

ウォーミングアップをせずに運動をすると筋肉が痛むように

動かない筋肉を生理期に無理やり動かすことによって

痛みが生じるのです。

温かい血液が出ていくと子宮が更に冷えるので

経血量が最も多い生理2日目にかけて

ギュウーッと絞り込むような痛みが起こります。

これが冷えが原因の生理痛です。

 

もし、同じ期間に痛んでも、

チクチク・ズキズキするような痛みであれば

原因はお血です。

経血の中にドロッとした塊がある場合

塊をうまく押し出せず

無理にひねって出すので

つねられたような痛みと

刺すようなチクチクした痛みがあります。

 

市販の鎮痛剤は痛いという感覚を

カットするだけなので

子宮の筋肉が冷えている状態や

経血に塊がある状態はなにも変わりません。

生理痛の原因は常に存在している状態です。

 

漢方薬には内臓を温めるもの

温かい血液を子宮に送るもの

経血の塊を溶かすものなどがあります。

生理痛の原因から改善してくれるので

子宮の筋肉の伸縮がスムーズになり

生理痛のない正常な状態に戻ることが

できるのです。

 

生理痛を改善するには

日頃の生活習慣もとても大切です。

・体を温める食事を摂る

(生姜、ネギ、シナモンなど)

・冷たい食べ物、飲み物は控える

(アイスクリーム、氷の入った飲み物)

・日頃から入浴はちゃんと湯舟につかる

・シャワーだけで済ませない

・ストレスをためない

(香りのあるものを摂る

=ハーブティー、柑橘類、香味野菜)

・早めに寝る

・甘いもの・脂っぽいものは控える

などです。

 

後藤

漢方薬局

048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約