Blog

ブログ「大慶堂通信」

ガンをはねのけ生き抜く力ー責任を取れば、あなたは治る

いつもご覧いただきましてありがとうございます。

 

川竹文夫氏の書かれたご本を紹介しています。

 

7月14日の続きです。

 

川竹文夫氏の言葉は続きます。

 

 

治る法則

 

これまでに数千人の患者さんの相談を受けてきた私は、あるとき

 

治るかどうかを左右する重要な法則があることに気が付つきまし

 

た。それは<責任を取った人は治り、取らない人は治らない>と

 

いうものです。

 

もちろん、責任を取れば、すべての人が治り、取らなければ、絶

 

対に治らないなどと言うつもりは決してありません。

 

けれど、取るか取らないかでは、闘病の結果が大きく違う。その

 

証拠に、「1100人集会」の治った124人は、2~3人の例外

 

を除いてみんな責任を取っていたのです。

 

 

ガンは生活習慣病

 

では、責任を取るとは、一体、どういうことなのでしょうか。

 

<生活習慣病>という言葉があります。糖尿病、痛風、リュウマチ、

 

高脂血症、心筋梗塞、脳梗塞など、以前は<成人病>と呼ばれてい

 

た病気のことです。

 

しかし成人病と呼んでいては、患者さんが「年のせいだから仕方

 

ない」と投げやりになりがちです。

 

そこで、日野原重明さんという高名なお医者さんが長年国に働き

 

かけた結果、<生活習慣病>と呼び変えることになったのです。

 

そのおかげで、次の2つのことが、ハッキリとなりました。

 

1.病気を作った原因は、患者自身の間違った生活習慣にある。

 

2.病気を治すために最も重要なことは、間違った生活習慣を改

 

める、患者自身の努力である。

 

そして私は、ガンは、この生活習慣病の典型であると考えていま

 

す(国立ガンセンターもこのことを認めています)。

 

 

 

 

(杉田の私見)生活習慣を改善することはとても大事です。特にガン

 

は生活習慣を大いに変える必要があります。

 

私も、ガンのお客様には、食事や睡眠などについて詳しくお話しさ

 

せていただいています。生活習慣を改善すると病気を治す力が急速

 

に高まって行くからです。

 

杉田

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

 

 

 

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約