Blog

ブログ「大慶堂通信」

食べた物が脂肪になりやすい人って?

代謝が悪い人は食べた物が脂肪になりやすい!!

 

こんにちは!
大慶堂漢方薬局、管理栄養士・ダイエットカウンセラーの江黒です(*^^*)

 

「代謝が悪いと痩せにくい」とよく言いますが、「代謝が悪いってどういう人のこと?」
とおもった方!
下の項目をチェックしてみましょう☆

 

↓   ↓   ↓

 

□ 手や足の先がいつも冷えている。
□ 頭痛や肩こり、腰痛がある。
□ 生理不順・生理痛が重い。
□ 低血圧・低体温(36℃以下)。
□ 疲れやすい。
□ 汗をあまりかかない。
□ 顔色が悪いと言われる。

 

あなたは何個あてはまりましたか?

上の項目にあるように、疲れやすい・肩がこる・体が冷えている・・・などは代謝不足のサインかも!?
3つ以上チェックがついた方!是非最後までご覧ください!!

 

 

では、どうしたら代謝がアップして太りにくくなるの・・・?

 

脂肪にさせない体づくりのポイントは、
『五大栄養素をしっかりとる!』ことです。

 

五大栄養素とは、『糖質・脂質・たんぱく質』の三大栄養素に『ビタミン・ミネラル』をプラスしたものです!

特にビタミン・ミネラルは体温を上げて、代謝アップの手助けをしてくれます♪

逆にこれらの栄養が不足すると、食べたものを燃焼しきれず脂肪になってしまいます(>_<)

 

~ミネラルが豊富な食材って?~

ミネラルは貝類に豊富に含まれており、特に牡蠣は『海のミルク』といわれているほど栄養たっぷりです!

 

「でも、毎日牡蠣や貝類を食べるのは難しい...」

「牡蠣って苦手・・・」

 

そんな方におすすめの牡蠣のサプリメントもございます♪

 

 

牡蠣は疲労やストレス、睡眠にも良いといわれています。

 

牡蠣や脂肪が気になる方は是非一度ご相談ください。

 

 

 

江黒

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談