Blog

ブログ「大慶堂通信」

更年期障害って漢方で治るの?

 

更年期障害といっても症状も体質も人によって様々ですが

体質に合った漢方薬を飲むととても楽になります。

更年期障害は女性にとって大切な時期です。

 

 

こんにちわ~
漢方薬局の藤村です

 

 

今日は更年期障害についてお話したいと思います

 

更年期はホルモンが移り変化していく時期で

ホルモン変化が激しい時期でもあります。
ひとによっても初期症状は個人差がありますが、

疲れが取れず気持ちの変化が激しくなる場合が多いようです。
人によっては全く更年期症状が出ない人もおられます

 

 

女性は毎月決まって生理があり、消耗される血は

『腎の気』(元気)も一緒に消耗します

そのため更年期を迎え生理が止まることは、生命力を維持するため

『腎の気』(元気)を有効に使うという人間に備わった力です

 

 

おもな症状はうつ症状やイライラ・ほてりや倦怠感・疲労感・

視力の衰え・肩こり・頭痛などがあります

その中でも代表的なのが、倦怠感・ほてり(ホットフラッシュ)です

 

 

倦怠感:『腎』(生命力)を維持するために腎を補う食材:
黒豆・クルミ・羊肉・山芋・銀杏

ほてり:『津液』を補い潤いを保つ食材:

ゆり根・きくらげ・鶏卵・レンコン・白ごま・蜂蜜・梨・柿・大根

 

 

私もひどかった更年期障害が通り過ぎ、今は楽しく過ごしていますが
当時は「いつになったらこの苦しさからぬけるのだろうか?」と
不安でいっぱいだった時期もあります

でも
『必ず乗り越える』という気持ちを持つことですね。
良かったり悪かったりを繰り返しながら少しずつ前に進んでいくことです

 

更年期には好きなことをするのが一番の薬だと思います

 

 

「更年期かな?」と思って不安を感じたら是非ご相談ください。

 

 

 

藤村

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約は

 bsp;

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談