Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田浩のガン相談

 

 

こんにちは

 

大慶堂漢方薬局の杉田です。

 

今日は前回の続きのお話をさせていただきます。

 

 

 

例えガンになったとしても

 

始めのうちはまだ体力もあるので手術や放射線、抗がん剤に

 

耐えることができるかもしれませんが

 

進行がんや末期がんになると体力がだんだん落ちてきます。

 

そうなるとガンに負けたことになってしまいますので

 

体力を高めることが必要になってきます。

 

 

 

そのようなときに使う漢方として十全大補湯や補中益気湯があります。

 

もちろんこの2種類だけでなく、

 

食欲不振が強ければ四君子湯や六君子湯

 

さらに気のうっ滞があれば健胃顆粒(香砂六君子湯)などが用いられます。

 

体質によっては他の処方も使われます。

 

私のおすすめとしては手術や放射線、抗がん剤などを開始する前から

 

漢方を始めていただくことです。

 

そうすることによって手術や放射線からの回復が早まりますし

 

抗がん剤の副作用を和らげることができるからです^0^

 

 

 

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談