Blog

ブログ「大慶堂通信」

流産の原因、血栓形成傾向ってなに?

3回或いは3回以上の連続自然流産を

習慣性流産と言いますが

この習慣性流産の原因としてとても多いのが

血液凝固の異常によると言われています。

これを血栓形成傾向と言います。

 

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

今回は習慣性流産の原因となる

血栓形成傾向についてお話します。

 

血栓形成傾向は流産の原因として今まで

あまり重視されていませんでしたが

最近は習慣性流産を引き起こす

リスクランキングで最高ランクのⅠとなっています。

血栓形成傾向により胎児に母体からの栄養の供給が

十分されなくなるのが

妊娠早期に発生すると流産

妊娠晩期に発生すると子宮内死産となります。

 

何回も流産していろんな検査をしても

異常がどこにもない場合は

血栓形成傾向の可能性があります。

 

血栓形成傾向を中医学では瘀血と考えます。

瘀血の原因は

⓵ストレス(気滞)

⓶冷え(寒湿)

③血液が足りない又は血液を流す力が足りない体質

(血虚、気虚)

④子宮筋腫などの疾病

などです。

漢方薬は

⓵ストレスを改善するもの

⓶冷えを改善するもの

③血液や気を補い体質を改善するもの

④血液の塊を溶かすもの

など、血流障害による血栓形成傾向を

改善出来るものがいろいろあります。

 

漢方相談では

お客様が抱えている原因に対して

体質や体の状態に合ったものを

おすすめしております。

 

お困りの方は漢方薬局に是非来てください!

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談