Blog

ブログ「大慶堂通信」

ガン。偏った療法に陥る人々

♦「治療の機会を逸する」編

標準治療を拒否、先延ばししてい

る間に、ガンが進行し治療法が限

られてしまう。初発時は手術適応

であったが、放置し、手術ができ

ないほどガンが拡大してしまった

ケースなどです。

(1)覚悟をもって治療を拒否し

ましたか?

~治療観・健康観、さらに人生観

・死生観を踏まえた決断か?~

言うなれば、逃げの決断なのか?

覚悟ある決断なのか?ということ

になります。

現実を受け入れることができず、

そのために治療を先送りしてしま

うのか?治療しなかったことで、

思うような結果に至らず後悔する

かも知れない。でもその後悔を引

き受ける覚悟があるのか?治療し

ないことの不安を克服出来るのか

現状、標準治療が適用なのにしな

い決断は、主治医や周囲からアゲ

ンストの風を受けやすい世の中で

す。それを踏まえても自身の知識

と感性で他の方策を採用するので

あれば、尊重される決断です。

ただ、その決定に意固地にならず、

治療を受けない期限を切る、途中

で方針転換などの柔軟性はあって

も良いと思います。

 

 

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談