Blog

ブログ「大慶堂通信」

ガン治療。消耗に対するケアをしていますか?Ⅱ

いつもご覧いただきましてありが

とうございます。

8月7日の続きです。

藤田保健衛生大学 外科・緩和医療

学講座の調査によると、ガンの進行

による栄養障害は17.6%、残り

の82.4%の患者は、不適切な栄

養管理が原因で栄養障害になってい

ることがわかりました。

ただし、これまで日本の医療現場で

は治療に重向きを置き、栄養管理が

軽視されてきました。医学部のカリ

キュラムでは、生化学に十分な時間

がとられていません。化学薬品で治

療するのに、生体を成り立たせてい

る物質や、生命活動となる分子の合

成・分解の仕組みを十分学んでいな

いのです。

したがって、患者側が栄養管理に注

意を払わなければならないという現

状があります。標準治療の時や進行

期だけに限らず、適切な栄養管理を

することで、寿命が尽きる前に亡く

なってしまうというもったいないケ

ースは減らせます。

*栄養障害についての参考書

『「ガン」では死なない「ガン患者」

~栄養障害が寿命を縮める』

東口高志著 光文社新書

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談