Blog

ブログ「大慶堂通信」

砂糖を摂ると太る理由

こんにちは。漢方薬局の後藤です。

 

今回はダイエットに関する事を書きます。

 

テーマは「砂糖を摂ると太る理由です」

 

3つの理由があります。

 

 

 

 

理由その①分解するのに大量の酵素が使われてしまう!

 

砂糖の主成分であるショ糖を分解する酵素(インバターゼ)を

 

人は少量しか持っていません。

 

砂糖を大量に摂取するとインバターゼ以外の消化酵素が

 

ヘルプ要因として大量に動員されます。

 

消化酵素が大量に消費されてしまうと

 

脂肪を分解して燃焼させる代謝酵素が

 

不足してしまいます。

 

これが太る原因となります。

 

 

 

 

理由のその②インスリンを過剰に分泌させてしまう!

 

砂糖は急激に血糖値を上げるので

 

インスリンが過剰に分泌されます。

 

インスリンは肥満ホルモンという別名があります。

 

血糖から脂肪の合成を促し、

 

脂肪の分解を抑制するからです。

 

また、インスリンが過剰に分泌されると

 

血糖値が下がるので

 

すぐお腹がすいてしまい過食に走る原因になります。

 

これが太る原因です。

 

 

 

 

理由その➂ビタミンやミネラルといった栄養素がゼロ!

 

砂糖は1g4㎉のカロリーがありますが、

 

そのカロリーを利用するための栄養素である

 

ビタミン、ミネラルが一切含まれておりません。

 

この様なものを「カロリーだけあり中身が無い」

 

という意味でエンプティーカロリーといいます。

 

ビタミン・ミネラルが無いと脂肪を燃焼する

 

酵素が働くことができません。

 

これが太る原因です。

 

以上が砂糖が太る3つの理由です。

 

砂糖によって太るのを抑えるには

 

①砂糖を使う場合はミネラルが豊富な黒糖を使う

 

②ミネラル・ビタミンが豊富な野菜や海産物をしっかり摂る

 

➂酵素の原料となる良質なたんぱく質をしっかり摂る。

 

④血糖値の急激な上昇を抑えるために

 

食物繊維の豊富な物を事前に摂る。

 

などです。

 

砂糖の種類や摂り方を工夫することでその影響を

 

減らす事ができます。

 

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談