Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のガン相談

大慶堂漢方薬局の杉田です。窓の外は今雨が降って来そうな天気

です。雨もとってもありがたいです。

今日は4月4日の続きです。

 

以上、手術、抗ガン剤、放射線の標準治療についてお話しましたが、

いずれの標準治療も、ガンの細胞数手早く減らすことを目的にして

います。ただ、前述のように患者さんの体に負担もかかります。

もしも、患者さんにとって【ガン細胞減少】<【生命の営みを損な

う】という状況をつくってしまったら、〝がん細胞が先か、自分が

先か″のチキンレースになってしまい、なんのための治療なのかわ

からなくなってしまいます。

過剰な治療で「こんなはずではなかった‼」と後悔するなら、とて

ももったいないことになります。

 

(思い付いたことを一言)

もう3ヶ月ほど前になりますが、「骨が血液を造らなくなるという病気」

で体調が悪いというお客様がご来店されました。

いろいろお話をお聞きして、補腎薬をを中心に数種類のお薬をお出しした

ところ1か月後にはとても元気になられ、今もお薬を続けていらしゃる方

がいます。漢方薬の効果に驚かされた一例です。

お問い合わせ
カウンセラー予約
スカイプ相談