Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

ガンも治るチャンスがたくさんありますので

、今日から「治るチャンスを手放さないで!

というテーマでお話させていただきます。

 

第1章 過剰に治療してしまう人たち

通常、病院で行われる3大治療・・手術、

抗がん剤、放射線・・はガン治療のスタンダード

です。標準治療と呼ばれ、科学的なエビデンスに

基ずく治療法として、各癌学会のガイドラインと

されています。

 

標準治療は、ガン細胞に直接作用する施術です

から、適切なタイミングで適切な標準治療を受

けることは、”初期消火” ”急場しのぎ”としての

役割を果たしてくれるでしょう。

 

しかしながら、ご承知のように標準治療は、

患者さんの身体に負担がかかります。手術

の技法、化学療法の副作用対策、分子標的薬

の開発、ピンポイントで照射できる放射線照射

術や機械の開発、緩和医療の併用などで、患者

さんの負担を減らす努力もされています。

 

それでも、患者さんによって個人差はありますが、

繰り返し標準治療を受けることにより、生命活動

を損なうダメージになってしまう危険を孕んでい

ます。

(次回につづきます)