Blog

ブログ「大慶堂通信」

どうしてアトピーはストレスで悪くなるの?

ストレスは体に肝火という火を起こします。

この火がアトピーが悪くなる原因になります。

  ・

こんにちは漢方薬局の後藤です。

ストレスはアトピーを悪化させる大きな原因になります。

そのメカニズムについて少し詳しくお話しします。

ストレスがかかると

イライラしやすい、不安になりやすい、怒ると止まりにくい

などの症状がでます。

これは漢方で肝火と言って体の中で火が起こっている状態と考えます。

この火が起こるとのぼせたり熱っぽくなったりします。

熱や火は水分を消耗するので体を乾燥させますし

炎症反応を悪化させてしまいます。

これがアトピー悪化の原因になります。

では、どうすればストレスによるアトピー悪化を防げるのかですが

それは、火が起こりにくいように体質を改善するのが重要になります。

一番大事なのは睡眠”です。

体は火や熱が起こった時にそれを冷却するシステムがちゃんとあります。

冷却に必要なのが体内の水分と

その水分を体全体に動かすエネルギーになります

この水分とエネルギーは日中活動時に使われ、

睡眠時に作られて蓄えられます。

寝る時間が短いと作る時間が短くなるので

水分とエネルギーは必ず減っていきます。

もう一つ大事なのが”胃腸”です。

水分とエネルギーは食べ物から作られます。

冷たい物や甘い物、消化に負担がかかるものを摂り過ぎて

胃腸が弱ってしまうと途端にエネルギーと水分の

生産スピードが落ちてしまいます。

睡眠がしっかりとれて、胃腸の状態が良くて

水分とエネルギーがしっかり作られていれば

ストレスにより体に多少火が起こっても

速やかに冷却水が運ばれて火消しをすることが出来る様になります。

ストレスでアトピーがひどくなることにお悩みの方は

睡眠と胃腸の改善を意識してみて下さい

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約