Blog

ブログ「大慶堂通信」

赤ちゃんのアトピーは漢方で治せるの?

乳児の場合、まずはお母さんが漢方と食事療法で

 

母乳の状態を改善する事で赤ちゃんのアトピーも

 

改善します。

 

 

 

 

 

 

こんにちは、漢方薬局の後藤です。

 

今回は乳児湿疹・乳児のアトピーについてお話します。

 

乳児の食べ物は母乳だけなので、

 

母乳からアトピーの原因を摂ってしまっている可能性があります。

 

アトピーの原因となるのは粘る食品です。

 

甘い物、油っぽい物、肉類、乳製品、パンや麺などの小麦食品

 

ドライフルーツやナッツ類などです。

 

このような粘る食品を摂ると母乳に粘り気が出てきます。

 

粘り気のある母乳を赤ちゃんが摂ると

 

赤ちゃんの汗や涙、涎に粘り気がでてきて

 

それが付くところに赤みと痒みが出てしまいます。

 

代わりに繊維の多い食品を取るとアトピーの原因となる

 

体液の粘り気が取れてさらさらになります。

 

母乳もさらさらになるので赤ちゃんの湿疹が治っていきます。

 

では繊維の多い食品とはどのようなものなのか?

 

一番のおススメは軽くて繊維の多い葉物野菜です。

 

キャベツ、チンゲン菜、小松菜、ホウレンソウ、白ネギ

 

モヤシ、大根の葉、イモヅルなどです。

 

生で食べるより少量の油で炒めた方が量をたくさん

 

摂る事が出来るので効果的です。

 

あとはアレルギーの原因となる食品を控える事が大切です。

 

主食だったら小麦食品を控えてお米にする

 

タンパク質だったら乳製品、肉類を控え

 

納豆・豆腐などの大豆食品にする

 

などがポインントです。

 

 

 

 

 

それでも、いよいよ治りが悪い時は

 

赤ちゃんでも飲む事が出来る漢方薬を飲んでもらいます。

 

お母さんが食事と漢方薬で体質改善できれば

 

赤ちゃんの湿疹も良くなります。

 

 

 

 

 

後藤

漢方薬局 048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約