Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

大慶堂漢方薬局の杉田です。

いつもご覧いただきましてありがとう

ございます。

7月5日の続きになります。

 

がんの心理療法の草分けであるサイモントン

療法によると「がんはあなたに起きている

問題を解決するために、わざわざ憎まれ役を

かって出て来ている」という見方をします。

今あなたは自分にとって不都合な、不自然

な生き方をしているかも知れない。それを

知らせるために、がんという形になって出て

くる。

だからがんというものは、その人にとって

本来的な恩恵をもたらしてくれるものだ。

がんを使うことなくその恩恵を手にする

ようになったら、がんはおとなしくなる

かもしれない、という考え方をするのです。

不自然な生き方が、病気というメッセージ

で何かをあなたに伝えようとする、それでも

不自然な生き方を続ければ、病気を治すこと

を妨げる。

(次回に続きます)

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約