Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

大慶堂漢方薬局の杉田です。

5月7日の続きです。

 

今、日常生活が出来ている人の体では、

がん細胞が全細胞の10%を占めること

なんてありません。1%でも相当多いです。

人体の60兆(37兆という説もあります)

の100億とか、1000億ががん細胞

だとしても、残りはまともな細胞です。

今日もちゃんと生きている。日常生活が

出来ている。

ということは、がん細胞以外の正常細胞が

それぞれの持ち場でしっかり働いて役目

を果たしてくれているからです。

がん患者さんは、たとえ入院していて

さほど動きまわらなくても体は大忙し

です。

がんになったからって体は手をこまねいて

傍観しているわけではない。免疫系はがん

を食い止めようとしている。

日常の生命活動も維持する。がん治療で

傷んだ体を手当てする。

手術したら傷を治す、抗がん剤が入れば

解毒する、放射線のやけただれ修復する

・・・・・・・・・・

それこそ仕事量はとても多いのです。

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約