Blog

ブログ「大慶堂通信」

夏と心臓にどんな関係があるの?

夏の猛烈な暑さで体に熱がこもって

オーバーヒートしないように

心臓が一生懸命血液を巡らし

汗として熱を発散しようとする関係です。

こんにちは、漢方薬局の後藤です。

心臓と夏と汗は東洋の五行説の中で

密接に関係すると考えられています。

心筋梗塞などの心臓病は冬に多くなる

ことで知られる病気ですが、

実は夏にも多い疾患です。

サウナに入ったときにすぐ苦しくなったり

動悸がしたりする経験はないでしょうか。

人間の身体は猛烈に暑い環境に反応して

心臓が活発に動くからです。

これは、暑い環境によって内臓が

オーバーヒートしない様にするための

生理現象として起こる反応です。

心臓が活発に動くと全身の血流も

活発に動き体内の熱が皮膚表面に運ばれ

汗となって出ていく事でオーバーヒート

を防ぐことが出来るのです。

しかし汗をかくと血液の粘度や濃さが

増してしまいます。

心臓自体に栄養を送る冠動脈という血管に

動脈硬化が起こっていて詰まりやすくなっていると

心筋梗塞のリスクがとても大きくなります。

夏猛暑日が続くときはできれば外に出ることを

控え、部屋はエアコンなどで温度管理をし、

しっかり水分補給をして下さい。

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約