Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

大慶堂漢方薬局の杉田です。いつもご覧

いただきましてありがとうございます。

6月6日の続きです。

 

私(←小澤先生のこと)がインタビュー

した九州にお住まいのこのご婦人(90

歳を越えておられる)は5つのがんを経験

されていました。

教員を退職後、70歳で新しい事業を始め

られました。77歳の時3度目の手術を

控え入院していましたが「明日、商工会議

所の講演を頼まれているので出かけて来ま

す。」と言ったきり病院を抜け出して戻ら

なかった。手術をすっぽかしたわけです。

私は「剛毅ですね。でも内心がんをそのまま

にして恐くなかったですか」と聞いたら、

「いや、私は子供の頃から母親にこう言われ

て育てられて来た。自分の寿命というものは

生まれてきた時から決まっているんだ。

いつ死ぬか決まっている。だから人間はがん

で死ぬわけではない、死ぬ時が来たら死ぬ。

ただそれだけ。」

この方は、昨年九州の患者会で講演されまし

た。この方が重要視したのはまさしく「命の

物差し」です。*真似して下さいと言っている

わけではありません(笑)

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約