Blog

ブログ「大慶堂通信」

更年期の最初は血液の熱が原因?

更年期でホットフラッシュが起こる理由は

主に2つ考えられます。

一つは陰虚と言って

体の中の冷却水が少なくなって

体が熱くなってしまう状態

二つ目は血熱と言って

血液が熱くなる状態です。

更年期の初期は陰虚より血熱

主な原因のことが多いです。

 

こんにちは漢方薬局の後藤です。

今回は更年期のホットフラッシュについて

特に更年期初期の血熱の状態の

お話をしたいと思います。

 

生理で出血する時は

脊髄の造血機能が活発に働いて

血液をたくさん作ろうとします。

生理で温かい血液が体の外に

出て行ってしまうと

貧血、低血圧、冷え性などの

症状が出やすくなります。

 

更年期になると

卵巣の萎縮によって生理が止まります。

温かい血液が出て行かなくても

更年期初期の頃は

脊髄の造血機能がまだ活発に働いてしまいます。

出て行かないにも関わらず造血されるため

血液が多い多血症という状態になり

ほてったり、暑がりになったりします。

これが血熱の状態です。

 

この様な状態の時は

血液の熱を冷ます漢方薬を飲むと

ほてりや暑がりの状態が楽になります。

 

更年期の初期でほてりや暑がりで

お悩みの方は

是非相談にいらして下さい。

 

後藤

漢方薬局

048-574-9331

Googleマップで見る

ネット予約はこちらから

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約
スカイプ相談