Blog

ブログ「大慶堂通信」

自律神経が乱れると太りやすくなる?

 

 

太りやすくなります!

自律神経のバランスが崩れ

交感神経が優位な状態が

多くなると

代謝が下がり

消化機能が低下し

太りやすくなってしまうんです!

 

 

こんにちは!

漢方薬局の黒田です♥

 

 

そもそも、

自律神経って何!?って話ですよね

自律神経とは

自分の意思とは関係なく
刺激や情報に反応して、
からだの機能をコントロールする神経のこと。
 
意識してもできないことを
 
担当するのが自律神経。
 
例えば、
①睡眠時の呼吸
②血液を巡らす
③食べた物を消化する
④腸で栄養を吸収する
などなど
これらの意識しても
出来ない事はすべて
自律神経の働きです。
 
 
自律神経は、正反対のはたらきをする
2つから成り立っています。
交感神経:活動・緊張・ストレスを感じている時(おもに昼間の活動中)
副交感神経:休息・修復・リラックスしている時(おもに夜間の睡眠中)

 

この2つがバランスよく

働いている状態が理想で

この2つがきちんと整う事で

いつも元気でいられます!

 

もちろん体のすべての事に

自律神経は関わってくるし

とっても大切☝ですが

今回はダイエットとのかかわり(*^^*)

 

「自律神経と消化・代謝の働き」

が大きくダイエットに関わります。

副交感神経が働くと臓器が休まり

リラックスするのですが・・・

「腸」や「胃」など消化器系は例外で

働きが活発化します。

つまり、副交感神経が低下すると

代謝がガクッと下がり

「腸」の機能が低下し、

便秘になったり腸内環境が

悪くなったりします(^-^;

 

太りやすい体質の出来上がり(*_*;

 

じゃあ副交感神経が

うまく優位にするには

どうしたらいいんだろう?

 

①ぬるめのお湯で半身浴

→リラックスできる温度の入浴は

副交感神経を高めてくれます♥

 

②寝る直前はスマホやテレビを

極力見ないようにする(*^-^*)

→脳が刺激されて

交感神経を優位にしてしまい

自律神経が乱れます・・・

 

③寝る前は間接照明に切り替える

→寝る前30分ほど

ぼんやりした間接照明にして

リラックスすると

副交感神経を優位にします。

 

④朝起きたらカーテンを開けよう

→朝の太陽光が体内時計の

リセットタイム(*^-^*)

副交感神経優位から

朝の太陽光で

交感神経優位に切り替わることで

活動的に昼間を過ごせます!

 

 

食事制限をしても

運動しても

上手く体重が落ちない方、

もしかしたら

自律神経のバランスが

乱れがちになっているかも・・・

季節の変わり目は

自律神経のバランスが

とりづらくなるので

「自律神経に良い事」を

是非取り入れてみて下さい(^^♪

 

上に書いたことは

ほんの少しの事なので

もっと詳しく知りたいという方は

お電話か店頭で

黒田にお問合せください(*^^*)

私に分かる事は

なんでもお話します♥

 

 

 

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約