Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

大慶堂漢方薬局の杉田です。

5月31日の続きです。5月31日には

私(杉田 浩)のがんに対する考え方を

述べさせていただきましたが、今日から

また小澤康敏先生のお話しを続けさせて

いただきます。

一番大切な物差しは「いのちの物差し」

です。

実はがんになったことで、この物差しの

目盛りを意識する方は少なくありません。

命の物差しは、命の長さを測る物差しでは

ありません。

この物差しの目盛りは、あなたの人生観、

死生観(生き様・死に様)を示しています。

いのちの物差しを使う目的は、「どんな

状況でも、がんであっても、自分の人生を

全うする」ことです。

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約