Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

 

 

大慶堂漢方薬局の杉田です。

4月4日の続きです。

 

 

『病気の物差し』

「病気の物差し」が測る対象はがんです。

通常の病院で行われる

一般的な現代医学の検査・・・

血液、超音波、エックス線、CT

MRI、PET、生検などを用いて

お医者さんが測定します。

科学的な手法に基づく診断です。

がんをこの物差しで測る事によって、

がんがどの場所にあり、

どのくらいの大きさか判別します。

がん細胞の性質、

転移があるかどうかも調べます。

それによって悪性度、

進行度を算定し、

ともすれば余命の算出もします。

病気の物差しの目盛りはすなわち病状を表します。

「ステージ」や

「早期、初期、進行期、末期、終末期」という

用語で表現されます。

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約