Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

  大慶堂漢方薬局の杉田です。

4月18日の続きです。

 ・・・従ってがん初心者さんにとっては

検査結果と医者の言葉は

「神様のご宣託」「裁判の判決」

のように感じられることでしょう。

検査の数値や画像に一喜一憂する、

それはあたかも人生の主導権を

がんという病気に握られて

しまったかのようです。

世間一般に流れているマスコミの

がん情報も基本的スタンスは同じです。

「不治の病」「がんは死亡原因の第1位」

「辛い痛み」「過酷な治療」、

がんをテーマにしたドラマは

ハートフルな物語ですが最終的に

がん患者である主人公は亡くなる

(テレビ関係者によれば、亡くなるという

結末の方が高い視聴率が取れるそうです)。

「病気の物差し」を振りかざされて、

医者に「この治療をしなかったら、

あと〇〇日の命です」

と言われれば、ほとんどの方が

「先生、よろしくお願いいたします」

となってしまいます。

しかし、果して「物差し」は

これ一つだけなのでしょうか?

 

 

# がん #難病  #慢性病。

                         

 

 

                         

                           

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約