Blog

ブログ「大慶堂通信」

耳鳴りの基本的な養生は?

こんにちは!

漢方薬局の金澤康平です。

 

最近、耳鳴りで悩んでいる人が多い気がします。

耳鳴りは原因が分からない事が多いのですが

 ・病気が原因で起こる耳鳴り

 ・生理的に起こる耳鳴り

 ・ストレスで起こる耳鳴り

に分けられます。

病気が原因の耳鳴りには、中耳炎や内耳炎の他に

更年期、高血圧、低血圧なども原因になる事があります。

 

耳鳴りを治療する漢方薬は「耳鳴丸」が有名ですが

体質によって使う漢方薬が異なります。

例えば高血圧を伴う耳鳴りには「降圧丸」「釣藤散」など。

めまい、頭痛、動悸、精神不安を伴う時は「女神散」。

体質や併発している疾患に注意して薬を選ぶ事が重要です。

 

『養生法』

耳を蒸しタオルで包むと耳の奥まで血流が良くなって

耳がすっと通ります。

ストレスが絡んでいそうな場合には軽いランニングやウォーキングが良いでしょう。

心地よく疲れる事でしっかり眠れる様になり疲労回復にもつながります。

栄養素ではビタミンB12が末梢神経の代謝を促す作用がある為、耳鳴り、

難聴、めまいなどの治療薬として実際に病院でも使われています。

レバー、アサリ、しじみ、さんま、などにビタミンB12が多く含まれています。

 

耳鳴りを完全に無くすのは大変ですが普段からの養生と

体質にあった漢方薬を使う事で耳鳴りが気にならないレベルまで

にする事は可能ですので耳鳴りで悩んでる方は諦めないで自分にあった方法を探しましょう(^^)

 

今週もお疲れさまでした。

良い週末をお過ごし下さい(^O^)/

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約