Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

大慶堂漢方薬局の杉田です。病気から抜け出すには病気に対する気持ちの持ち方が極めて

大切ですので、続けさせて頂いています。3月28日の続きです。

 

とはいうものの、がんと診断されればそう穏やかではいられません。医学的に厳しい病状

であればなおさらです。

『ご相談事例』

母が乳がんで、現在イリノテカンで治療中です。5月の時点で腫瘍マーカー1300あり

ました。

検査結果を見るのがとても怖く、検査が近づくと憂鬱になります。腫瘍マーカーの値を見

るたび一喜一憂しています。

 

相談内容から相談者のどんな心情がくみ取れますか?

 

「がんをなんとかしたい!」という思いがありありです。「何とかしたい!」「助けた

い!」そういう心情が悪いわけではありません。が、向けるベクトルが‘‘がん”に偏りすぎ

ているように思えます。

どうしてがんにばかり囚われてしまうのか。それは病人になってしまっているからで

す。病気をもっている人が病人ではありません。心が常に病気に囚われている状態が

‘‘病人”です。

病気になったことが不幸なのではありません。もっとも不幸なのはがんになってしまった

ことではなく病人になってしまったこと。病人になってしまうと病気は治りにくくなりま

す。そのひとの思考が病気にどっぷり浸かってしまっているからです。

#がん  #慢性病   #病気から抜け出せない方

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約