Blog

ブログ「大慶堂通信」

杉田 浩のがん相談

大慶堂漢方薬局の杉田です。3月24日の続きです。

中川医師たちは、自然退縮者共通していたのは「実在的転換」であると結論づけ

ています。

「実在的転換」とは、がんや死への恐怖がみられず、がんであることを自覚したの

を機に一大転換がおこり、不安、恐怖を克服して、生活の是正とともに、新しい

対象の発見や、満足感、生き甲斐の再発見、そして残された生涯をより有意義に、

また感謝しながら前向きに行動するという姿です。

つまり、がんになったことをきっかけに「人が変わった!」というくらい事物の受

け止め方、見方、生き方、思考習慣、行動などが変わってしまった人なのです。

おそらくそのような人々にとっては、変わった後の方が自分の本来の人生を生きら

れるようになったからではないかと思われます。

*「がんの自然退縮」とは、医学的に有効と認められている治療を一切使わず

  がんが消失することです。

 

#がん。 #慢性病。#病気から抜けられない方々。 #気持ちが沈んでしまう方々。

 

関連記事

お問い合わせ
ライン相談
カウンセラー予約